公認会計士の資格を取るのは厳しい?

公認会計士は国家資格ではありますが、資格保持者が非常に少ないと言われています。
その原因は税理士という資格があり、こちらの方が簡単に取得できるからと言われていますまた公認会計士は、監査以外のことで収入を得ることが困難であることも挙げられます。
これは法律により規制されているためです。
また公認会計士の基礎的な資格である簿記の資格を習得して、他の業務を行った方が収入を得ることが出来るため、基本的に公認会計士の仕事にありつけないという状態なのですしかしこの資格を取ったらダメということはありません。
国家資格を取得していれば、会社側からその点を評価され、会計担当としての役割を与えられることが考えられます。
必ずしも取得してはいけないと言うことではありませんが、独立を考えるのは難しいと思います