行政書士の試験って?

行政書士の試験では法律的なことをたくさん問われるようになっています。
そのため、暗記していくこともかなりの数があります。
試験時間は3時間あり、筆記試験となっています。
記述するものもあるので、簡潔に自分の言葉でまとめられるようにする訓練も二葉ですね。
主な試験内容は、憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学の中から問題が出題されます。
分野も幅広いので、それぞれの分野で覚えておくべき言葉や試験に良く出る単語などもあるので、試験本番で焦ってしまわないように日頃から練習を重ねておきましょう。
行政書士の試験は年齢や国籍関係なく受けることができるので、実際の試験会場にも幅広い年代の人が揃います。
年に1回しかおこなわれないので勉強も真剣にしなければいけません。